お申込み
お問い合わせ

tel025-244-0030

新成医会について

求める人材像

私たちは「やさしさ」が、仕事の基本だと思っています。医療・福祉という分野の仕事には様々なことが求められます。専門的スキルの高さ、不断の向上心、責任感、正確さと冷静さ、コミュニケーション能力などなど。けれども何より、それらの根幹に「やさしさ」があることが医療・福祉の仕事に最も人々が期待することであり、またこの仕事に向いているかどうかの分岐点だと思います。「冷たい心の医療人」などという存在はあり得ないしあってはいけないものです。

逆に言いますとこれから社会に出る若い人でも、心機一転しての新しい職場を考えている人でも、今まで医療・福祉の仕事に全く携わった経験の無い人でも、「人に対するやさしさ」さえあれば、医療・福祉という仕事には向いていると言えます。

医療・福祉の「受け手」となることは、あらゆる人にとっていわば日常から非日常へと一歩を踏み出すことです。そのことの非連続性に不安や恐れを感じることは極めて人間的な気持ちです。その気持ちを和らげることや軽減すること、そして信頼される存在になること…そのためには、私たち医療・福祉を仕事とする人間の根底に常に「やさしさ」がなければなりません。

日々の労働量や勉強量、責任の重さを思えば決して楽な仕事ではありません。日常業務に追われ、ゆとりを無くす瞬間もあるでしょう。けれども患者さんやご家族の笑顔に接する時に感じる「人の役に立っている」という充実感はかけがえのないものです。

望ましい医療や福祉を提供し続けるためにはあらゆるセクションのスタッフが労を惜しまず研鑽を積み、有機的に連携することが大切ですが、一人一人の根底に「やさしさ」があれば、患者さんやご家族に喜んで頂けるやりがいのある仕事ができる…と私たちは確信しています。

心にやさしさを持った方を、私たちはいつも大歓迎します。

医療法人新成医会 理事長 渡邉 毅

介護老人保健施設「緑樹苑」紹介動画