総合リハビリテーションセンター みどり病院

新潟市中央区神道寺2丁目5番1号

受付

8:30~11:00

13:30~17:00

診療開始

9:00~

外来休診

土・日曜/祝祭日
お盆/年末年始

TEL025-244-0080

診療科・部門紹介

検査部門

検査部門のご紹介

臨床検査とは

医師の診察を受けると、病状によって採血や心電図検査などの指示が出されます。
これらの検査は臨床検査と呼ばれ、体から採取された血液、尿や臓器の一部などを検査する検体検査部門と、体を直接的に検査する生体検査部門に大別されます。
検体検査
には生化学、血液、免疫血清、一般(尿・便)、輸血、病理・細胞診、細菌検査などがあり、生体検査には生理機能・画像診断検査があります。
これらの検査結果から、医師は患者の状態を把握し、病気の診断、重症度の判定、治療方針の決定、治療経過の確認や回復の度合いの判断などに役立てていきます。

検体検査部門

生化学検査

肝臓、腎臓、膵臓などの機能を調べる代表的な項目として、AST(GOT),γ-GTP、尿酸、クレアチニン、アミラーゼなどがあります。 糖尿病の診断には血糖、ヘモグロビンA1cなど、高脂血症の診断には総・LDL・HDL コレステロール、中性脂肪などがあります。

血液検査

赤血球、白血球、ヘマトクリット、ヘモグロビン、血小板の量を測定する血球計算検査、赤血球や白血球形態を分類する血液像検査などがあります。炎症や貧血の有無、白血病などの血液疾患の診断に役立ちます。

免疫血清検査

B型肝炎ウィルス検査などの感染症検査、CEAなどの腫瘍マーカー検査、甲状腺ホルモンなどの内分泌学的検査などがあります。

尿検査

尿中の蛋白、糖、潜血の有無や細胞などを検査します。腎臓機能や、糖尿病の診断に役立ちます。
便検査
便の潜血反応や、虫卵検査などで、消化管出血の有無や、寄生虫症の診断に役立ちます。

輸血検査

ABO型、Rh型などを調べる血液型検査、血液型不適合輸血などを防ぐための交差適合試験などがあります。

病理・細胞診検査

病理組織検査は内視鏡などで胃や腸の組織の一部を採取し、染色をして顕微鏡で観察し癌や炎症などの病気を診断する検査です。 細胞診検査は体から剥がれた細胞(痰、尿、胸・腹水など)をスライドガラスに塗り、染色をして顕微鏡で観察し癌や炎症などの病気を診断する検査です。

生体検査部門

心電図検査

手、足、胸部に付けた電極を介して心臓の電気的な変化を記録するもので、不整脈や心筋梗塞などの診断に用いられます。

ホルター心電図検査

携帯型の心電計を24時間装着して、日常生活中の心電図を記録し、後で解析して心電図の異常を検出、診断する目的で用いられる検査です。

脳波検査

頭に付けた電極を介して脳の電気的変化を波形として記録したものです。てんかんや脳死の判定などに用いられます。

筋電図検査

誘発筋電図
運動神経や知覚神経に電気刺激することで得られる電位を波形として記録したものです。筋肉や末梢神経障害の診断に用いられます。

肺機能検査

肺から出入りする空気の量や早さを調べて、レントゲンなどの視覚的検査では解らない肺の動きを調べます。

24時間血圧検査

携帯型の血圧計を装着して、一日の血圧変動を調べます。それによって適切なお薬の処方を決めたりします。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)簡易検査

携帯型の機器を装着して、睡眠中の呼吸状態を調べます。無呼吸が多いと突然死の原因にもなります。

超音波検査

体に探触子をあてて、苦痛を与えることなく、画像として抽出する検査です。心臓では冠動脈疾患、弁膜症、先天性心疾患などあるか調べます。腹部では肝・腎・膵臓や胆嚢、膀胱などに異常がないか調べます。