• ホーム
  • 病院について
  • 入院・面会
  • 外来診療
  • 通所・訪問リハビリ
  • 健康診断
  • 求人情報

病院について

薬剤科のご紹介

薬剤科行動規範

私たち薬剤科は他の部門と連携し安全性・正確性をもって薬剤業務を行い、
いつも笑顔で親切、丁寧な対応を心がけます。

薬剤科の業務

病院薬剤師の業務は薬物療法における「医薬品の適正使用」を目指しています。その目的達成のため、さまざまな業務を日々行っています。

調剤業務

調剤業務は医師が発行した処方箋を元に薬を調剤する業務です。
発行された処方箋は薬剤師により、処方監査が行われ、薬剤が正しい量で処方されているか、 併用禁忌や重複薬剤がないかなどをチェックします。不備や疑問点があった場合は医師に確認し、 問題のない処方箋は調剤します。
調剤では計数調剤、秤量調剤、分包調剤などを行い、最終的に処方箋どおりに薬剤が調剤されているかを鑑査し、お薬を渡しています。
注射薬は注射指示箋により患者さまごとに取り揃え、各病棟へ出しています。

調剤業務の様子01 調剤業務の様子02 調剤業務の様子03

製剤業務

製剤業務は市販品では対応できない薬剤などを調製する業務です。
病院内で調製された薬は院内製剤と呼ばれます。院内製剤は必要時に、 その都度調製するため、安定剤、保存剤などを添加しない薬剤を調製することが可能です。

  

医薬品情報管理業務

医薬品情報管理業務

医薬品に関する情報を収集し、評価・整理・伝達する業務です。
適正な薬物療法を行うためには、医師、薬剤師、看護師その他医療に関わる人に適正な情報提供が必要不可欠です。 薬剤科では収集した医薬品情報を医療スタッフや患者さまへ必要な形に加工し提供します。

薬剤管理指導業務

服薬指導
服薬指導 服薬指導では患者さまが安心して治療にのぞめるように、使用薬剤の効果、使用方法、予測される主な副作用の症状、薬剤の保管方法等をお話ししています。 また、患者さまおひとりおひとりに薬剤が安全かつ適正に投与されているかを確認しています。
服薬支援
服薬支援 服薬カレンダー等を用いて退院に向けた服薬支援を行っております。 お薬を飲み忘れてしまう等、服薬方法に関して不安をお持ちの場合はご相談ください。

治験業務

質の高い臨床研究を実施するため、治験薬の管理を行っています。また、治験担当薬剤師は、SMO(治験施設支援機関)と連携し、治験・臨床研究の事務局業務を担っています。

TDM(Therapeutic Drug Monitoring:治療薬物モニタリング)業務

TDMとはTherapeutic Drug Monitoring(薬物治療モニタリング)の略で薬物の血中濃度を測定し、望ましい治療濃度になるように用法用量を個別化する業務です。
TDMの活用により薬の効果を最大限に、副作用を最小限にすることが可能となります。薬剤科においては、抗MRSA薬(バンコマイシン、アルベカシン)やアミノグリコシド系抗生物質の薬剤の血中濃度解析業務を行っています。

薬剤師の紹介

  • 薬剤科紹介パンフレット[PDF/407KB] PDFダウンロード
  • 薬剤科の職員数(2015年9月現在)
  • 薬剤師 みどり病院 5人
    ページトップへ
    Copyright(c) みどり病院グループ All Rights Reserved.